こうやって引き取られていく|アルミウイングやコンプレッサーを高値で買取してもらおう

コンプレッサーの買取で躓かないために流れをまず掴んでおこう

Trader

買取方法は二つある

業者によりますが、コンプレッサーの買取には出張買取と宅配買取、直接買取というのがあります。数が多いのであれば宅配買取で、直接買い取ってもらいたいが、難しいというなら出張買取を選択という風に都合に合わせられます。

こうやって引き取られていく

電卓を持つ人

出張買取の場合

電話、メール、ファックスを使って査定してほしい旨を伝えます。電話を使うと、メールやファックスより最短で結果を出すことができます。早急に対応してほしいなら電話が有利でしょう。無料査定を行った後は査定員が現地に足を運び、実際にコンプレッサーを細かく見ていきます。訪問査定においては、無料で行うケースがほとんどです。買取金額に納得した後にようやく契約成立の流れになります。買取決定後、やっぱり考え直したいとなった場合キャンセルできますが、業者によっては料金が発生する可能性があります。買取依頼をする前に、キャンセル料の有無は必ずチェックしておきましょう。現金はその場でもいいですし、後で受け取ってもOKです。

宅配買取の場合

申し込み方法は出張買取と同じような感じですが、コンプレッサーの発送は自分たちで行ないます。また、発送の際には輸送時の傷や故障を防ぐために梱包材で保護することも大切です。あと、コンプレッサーを発送する際にガソリンは抜いておくのが基本なので忘れないでくださいね。送料は基本的に買取業者持ちですが、こちらで負担することもあります。買取金額の方は、指定した口座にて後日振り込まれます。

買取されたコンプレッサーの行方

作業場で使用されるコンプレッサーは海外でとても需要が高いので、買取された後のコンプレッサーはきちんと整備されて海外市場へ送り出されます。もちろん、日本でも中古のコンプレッサーは人気が高いので、買取でゲットしたお金で新たに中古のコンプレッサーを購入することができます。この場合、コンプレッサーの買取と販売を同時に行っている専門業者が良いでしょう。

買取に出す前に複数に依頼しよう

同じコンプレッサーでも、業者が買取金額を判断するため金額に差が生じてしまうのは当然のことです。買取に出す際には、一つに絞らず複数から最低の依頼を出しましょう。比較すればどこが一番高く買い取ってくれるかわかりますし、業者の対応から査定員がチェックする部分まで様々な部分を見て比較できます。

広告募集中